*

妊娠中のお手入れ

妊娠中の女性は肌がとても敏感で、シミやソバカスができやすいとも言われています。
そんな妊娠中、できれば美白化粧品を使用してスキンケアをしたいですよね。
美白化粧品の中には、肌にとても刺激が強い商品もあります。
このような肌に刺激が強い美白化粧品を使用すると、妊娠中の方は肌トラブルが起こりやすいので注意が必要です。

また、出産後の授乳中に使える化粧品もあります。
すっぽん小町 授乳中でもオッケーなサプリメントの1つですので、ママになってもキレイでいたいひとにはオススメですね。

刺激が強い美白化粧品の代表としては、ハイドロキノンという成分が配合されている美白化粧品です。
濃度の低いハイドロキシンでも、肌荒れなどが起こることがあるので、気を付けましょう。
美白成分はハイドロキシン以外にもいろいろありますので、「敏感肌用」の美白化粧品を使用することをお勧めします。

また、妊娠初期のころであれば、美白化粧品よりはシミやソバカスを予防することができるタイプの基礎化粧品を使用することをお勧めします。
また、肌に刺激の少ないタイプのUVクリームや、BBクリーム、ミネラルファンデーションなどを使用して、UV対策をしっかりと行うことも、妊娠中のシミやソバカスを予防するためには重要になってきます。



コメントする